2018年1月29日月曜日

峠に立ちました ありがとう









昨日、1/28 峠にたつとき-FINAL-at Mt.Rainier Hall 公演にお越し下さった皆様改めましてありがとうございました。
空っぽの客席にみんなの顔を見ることをずっと想像して来ました。
満員のマウントレーニアは壮観でした。

ありがとう じゃ言い表せないこの気持ち。
この気持ちはなんだろう 状態がずーっと続いてます。5月に初めて「峠にたつとき」というタイトルで公演を打ち、9月。そして迎えた昨日のFINAL。
「あー終わってしまったーわたしの峠シリーズ..」
という気持ちと
「やーーーーやり切った!!!」
という気持ちと半々です。


けどそれより何より、続々と届く皆さんからの熱いメッセージ、感想の記事やメール、贈り物、写真などの熱量が凄すぎて(マジで)感謝が止まらなすぎて今日一日ずっと心拍数高いです。
ずっとドクドクしてる。




初めてのホール。
みんなとの距離がいつもより少し遠くて、最初少し寂しかったんだけどドンドン顔が見えて来て、気持ちが伝わって来て、わたしの気持ちが伝わってるのをビリビリ感じながら歌ってました。

ゲストで登場してくださったsimizuEYEさん。




オープニングで美しいステージを届けてくださったsimizuEYEさんとKubotaさん。
シンプルな編成で聞くアイさんの声、一音一音集中されてて空気が集まってました。

本編でお届けした
「Together」は、メロディも、歌詞もほんとーーーに好きで、声を重ねてて幸せでした。アイさんが妹さんを想って書かれた曲。想いがこもってる大好きな詞です。
二曲目にお届けした「こんなはずじゃなかった」ではみんなに無茶振りしましたね笑
一緒に盛り上がってくれてありがとう!!
タッピオカ〜
からはじまる詞。
アイさんしか書けない!!!
目を見合わせてなり切って歌ってました。
Kubotaさんと拓児さんのギター×サックスソロ合戦白熱でした!!!



公演制作から同じ気持ちになって、ファイナルでは同じステージで歌ってくださって。
心を寄せて公演を熱くしてくれました泣
アイさん本当にありがとう。






素晴らしいメンバーに囲まれて、音にドカンと身を任せながら歌を届けました。
わたしの音楽を、信じてくれて、世界を広げてくださったメンバーに感謝です。
Pさん、康さん、ごっどさん、めぐさん、拓児さん。みんなの音をカラダ全身で感じながら歌ってました。
Pさんと共作した「Wild Flower」!!
みんなノリノリで聴いてくれてありがとう!!





ゲストギタリストとして出演してくれた池田拓真くん。若干22歳。
去年から共演を重ね、回ごとに進化を見せつけてくる若い闘志に胸を打たれ世でいう「無茶振り」とも言える感じで今回出演をお願いしました。
ナミヒラから感じる若干の先輩風もなんのその、拓真くんもホールの空気ビリビリ感じながら楽しんでくれてるのが伝わりました。
心を込める、粒の立った彼の一音一音が輝いてました。
ありがとう。









ほんとーーーに。
沢山の方に関わっていただいて、助けていただいて、応援を頂いて成り立った公演でした。
PAの井上さんは確信を持ってお願いをしましたが、超一流でした流石でした。出会えたことに感謝です。そしてアシスタントというよりもはや舞台監督だったカナさんの男らしいテキパキぶりには頭が下がりました。
そしてもう初めての経験なので丸投げしてしまった照明の祥太郎さんもまたプロフェッショナル。みんなの心、そして私たちの心を掻き立てる演出をしてくださいました。
スタッフで入ってくれた皆様、と言っても超少人数制で、一人一人への負担が大変大きかったと思います。でもみんな見事にエキスパートで無事に当日が進行しました。本当にすごいです。あのメンバー集まってくださったの奇跡。写真撮ればよかった本当に。
そして、撮影で入ってくださいました竹之内さんは心から信頼を寄せるカメラマンさん。
映像もPVを撮ってくださった久保さんにお願いをしました。
最強チーム。
マジで集合写真がないことを悔やんでます。
こんな贅沢な公演、初めてでした。
本当に皆様ありがとうございました。

当日にいたるまで。
4万部のチラシを配り切ってくださった岳臣さん。そのチラシのデザイン、そしてグッズを作ってくれたPoiちゃん。ヴォーカルディレクションしてくださったゆうこさん。一緒に曲を作ってくださったPさん。スペシャルブレンドでメモリーオイルを作ってくださった美紀子さん。ヘアを最強にしてくれたチッチさん。アクセサリーで勇気をくれたなつ。

そして、誰よりも心熱く、わたしも引くくらいの熱量と気概で誰よりも動いてとにかくこの公演の成功のために一緒にやり切ってくれた菅井さん。
マネージャーどころじゃないです。
マイメン。バディ。社長。プロデューサー。事務。秘書。
二人三脚の、足むっちゃ強い方。
グイッグイわたしを引っ張りながら前しか見てない菅井さんと、FINALまで猛スピードで(最初引きずられ気味で)気合いで走り切った感覚です。


楽屋でマウントレーニアコーヒーを飲む菅井さん





公演に至るまで。そして公演当日。
お越し下さった方みんなの顔。制作チームの思い。スタッフ方。メンバー。家族。友達。

みんなの思いを受けて立ったステージでした。




気持ちを込めて届けました。
とにかく集中したし、なんか途中出たことない声も出てました。

沢山の方に見てもらいながら、バンドの音を全身で感じながらも、ナミヒラアユコは1人で立って歌ってました。
自分の世界に潜って、ただ今の自分にできる表現をしました。


終えてからみんなの声を聞いて、やっとやり終えた気持ちになれました。


感謝しかありません。
本当にありがとうございました。
いい峠で、いい景色見させて頂きました。


もっとみんなに寄り添える音楽を作れるようこれからも尽くして参ります。

今回の公演のダイジェスト映像、公開予定です。
そしてその後にもう一つ、公開予定のものも。
勢い止めません。見ててください。






次回のライブは春。
4月29日(日曜日)JZBratSPIRITROOM16周年記念イベントに出演します。
今をときめくシンガーソングライター、(写真左から)Yurry、照沼サラ、小林夕夏、Kaleidoscope、(写真にいませんが)私、の5組によるスペシャルイベントです。



(写真にいませんが) がっつり攻めのバンド編成です。
(写真にいませんが) 新曲おろします。
(写真にいませんが) ホール明けての一発目、気合入れて臨みます。
(写真にいませんが) 開場は16:00開演は未定 クローズ21:00 チケット3800円、スタンディングのイベントです。お祭りですね。
ご予約はわたしまでご連絡ください。
infonamiayu@gmail.com

ご予約お早めに!!!
お見逃しなく!!!

そして、5月27日(日曜日)横浜KAMOMEで昼夜入れ替え制で去年9月好評でしたアコースティック編成でお昼、夜とガラッとセットリスト&編成を変えてお届けします。
タイトルはA Warm Color」
温かい気持ちになれる時間を作ります。
メンバーは
前田智洋(Gt)、大谷愛(Pf)、山田拓児(Sax)、豊田稔(Per)   です。
この面々がまた揃うと思うだけで鼻が膨らみます。
公演詳細、公演コンセプト、スペシャルゲストも近日発表予定です。

洗練された、いいものを届けられるようまたここからもう一度見つめ直して、自分の音楽に向き合っていこうと思います。
楽しみにしててください。




P.S



竹之内さん、一日密着で撮ってくださった舞台裏や本編の素晴らしい写真はナミヒラアユコFacebookページとホームページのフォトギャラリーにて公開予定です。
お楽しみに!!

Facebookページ

HP  


P.S 2






ありえない数の贈り物と、お花やさん開けるんじゃないかってくらいのお花をいただきました。
泣きました。
会場へ駆けつけてくださった方、そして当日会場へ来れないから..とお花を贈ってくださった方まで!!泣
お花好きっていっぱい言っててよかった....
超幸せです。ありがとうございます。
お菓子やお酒も沢山!!!
飲みます食べます!!!見事に可愛らしいおしゃれなものばかりで食べるのもったいないですが。食べます。ありがとうございます。
来てくれるだけで嬉しいのにこんなにお祝いくれるなんて....なんと言ったらいいのか..!!
ありがとうございます。

公演後に来てくれた一人一人に挨拶してハグして握手して語ってお酒飲みたかったです。
最後、撤収の都合上ご挨拶がまともにできなかった皆様ごめんなさい。
またゆっくりお話しできる時が来ますように。
でもステージから、一人一人のお顔見てました。
わたしを初めて見てくれるという方も大勢いました。その方々ともまたライブでお会いできたら幸いです。

P.S 3





わたしを支えてくれた香り。

from key
何度も入ったスタジオでの個人リハーサルでこの香りを撒き散らして、気持ちを鎮めました。
その人の心の動き、なりたい自分に寄り添ってブレンドしてくれるアンシエントメモリーオイル。
スタジオいい匂いにしまくってすみません。
仲良くなったスタッフさんが「ナミヒラさん入った後のスタジオほのかにいい香りなのはシャンプー?」って言われて「コレデススミマセン」ってなりました。以降、部屋で使いまくりました。
美紀子さん、パワーをありがとうございます。
ゆこちゃんりりちゃんパパさんもありがとうございます♡

わたしを強くしてくれたアクセサリー。
from ROOM601 
衣装協力いただきました泣

強さと美しさを感じるこだわりのアクセサリー。ピアスは本番のみ着用しましたが、ブレスレットはリハーサル時にお守りにしてました。
ゴールドを、身につけて強い気持ちになったの初めてでした。
コンプレックスだった手首を好きになれました。
アクセサリーはわたしを強くする鎧だと思ってます。武装して強くなる感覚。
なつの言葉とともに、心強いサポートをありがとうございます。



from azu 
これに説明はいらない。
あず、ありがとう。



P.S 4



写真撮影okだった本公演。良い写真めっちゃたくさん!!!!!ありがとうございます!!
タグ付け、シャープのこういうやつ→#ナミヒラアユコ 、大歓迎というか全部わたしが見るためにもしてください!!!

P.S 5 (最後です。)



全19曲。
聞いてくれてありがとう。



2018年1月20日土曜日

ライブ


300人。
マウントレーニアホール。

今まで、100人、200人という規模でやって来ての300人。
自分1人ではとてもじゃないけど無理です。(今までも1人じゃありませんが、特に今回は身にしみて感じる。)
思ってたよりこのチャレンジ、大変です。

でも、一人ずつチケットを手にしてくれて、周りに声をかけてくれたりして、一緒の気持ちになってくれて、沢山の方の協力があって、応援があって、ついに残り最後の35席。

ここまで来ました。

残り8日。

ホール公演、やるからにはやりきりたい。

残り35席。35人。



見る人から見たら、小規模かもしれないけど私にとって初めてのスケール。初めてのチャレンジ。

ちゃんと成功させたい。
カッコ悪くても、なんと言われても、しっかり満員にこだわりたい。

そこにこだわって何が得られるのか知りません。
ミュージシャンは音楽だけに集中してるのが格好いいのかもしれません。もしかしたらそれが多くの人の理想かもしれません。
けど私は違うと思います。
音楽は私がみんなに見せたいもの。
そしてまだ私は小さい。
知ってもらうことに、見てもらうことにただただ必死になってるんです。
私が叫ばなくて誰が叫ぶんだ!
見て!!!見に来て!!!お願い!!!!
って。


この峠にたつとき-FINAL-の期間を通して私がひとりじゃないこと、ひとりじゃなにもできないこと、支えてくれてる人たちの気持ちが自分が思ってたよりもっと熱いことを知りました。
これがどれだけ勇気になるか。

来てくれるみんなに、見せたいものがあるんだ。


一つのことを、やりきること

大変さー  大変だよー  楽じゃないよー
でも一つのことを、やりきることを見せたいんだなぁ。ここまで来たら。

一つのこと。

私が私の世界を歌うということ。

お願いだから見てください。
2時間、私にください。
全部を込めます。

来てよかった。
そう思ってもらえるライブをします。
これを見逃さないでください。




公演名:ナミヒラアユコ単独公演 ~峠にたつとき~ 

日時:2018年1月28日(日)

会場:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

会場HP:www.pleasure-pleasure.jp

開場/開演:16:30/17:30

自由席前売/当日:4500円/5000円

指定席:完売(×)

※入場時1drink600円必要

出演者:ナミヒラアユコ(Vo)/後藤充彦(Gt)/大谷愛(Pf)/小泉P克人(Ba)/福森康(Ds)/山田拓児(As)

GUEST&O.A:simizuEYE (Vo) w/kubota(Gt.from.JiLL-Decoy association)

GUEST Gt:池田拓真

主催・制作:SPIRIT ROOM

協力:morph-tokyo

チケット購入:https://namihiraayuko.com/live-20180128_sp/ 【座席種類について】

自由席:A列,B列とG~L列,2F席(一部除く)/当日入場順の座席確保

指定席:完売(×) 





2018年1月15日月曜日

グッズ完成!!!!



昨日はもう一つ嬉しいことがありました!


初めてのグッズが完成しました!!!




音楽にまつわるデザイン事務所 POI PRODUCTIONS(Poi Akiyoshi)、のデザイナーPoi Akiyoshiちゃんとコラボして記念すべき初のグッズを作りました! 

左上:ちびころステッカー

右上:AYUCOFFEE

下段:ポストカード三点


この三種がセットで1コイン!

500円となっております^_^


ポストカードの絵は、「ちびころちゃんの旅」をテーマに私が描きました^_^


Poiちゃんの丁寧で早いお仕事っぷりに感謝です!

初めてのグッズ製作とても楽しかった〜!!

たくさんの方の元へ旅立ちますように^_^

1/28 渋谷Mt.Rainier Hall にて販売スタートです!ゲットしてね^_^


お席情報ですが


指定席、追加分合わせましてソールドアウトいたしました。ありがとうございます。

自由席も大台に乗りましたので、ご検討中の方お早めにお申し込みをお願いいたします!


チケットお申し込み、お待ちしております!😊

チケットお申し込みはこちら👉https://namihiraayuko.com/live-20180128_sp/


公演名:ナミヒラアユコ単独公演 ~峠にたつとき~ 

日時:2018年1月28日(日)

会場:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

会場HP:www.pleasure-pleasure.jp

開場/開演:16:30/17:30

自由席前売/当日:4500円/5000円

※入場時1drink600円必要

出演者:ナミヒラアユコ(Vo)/後藤充彦(Gt)/大谷愛(Pf)/小泉P克人(Ba)/福森康(Ds)/山田拓児(As)

GUEST&O.A:simizuEYE (Vo) w/kubota(Gt.from.JiLL-Decoy association)

GUEST Gt:池田拓真

主催・制作:SPIRIT ROOM

協力:morph-tokyo


音楽の日



1/28に共演してくださるサクソフォニスト山田拓児さんのリーダーライブ見に行ってきました。




ドラマーのあきらくんにも久々に会えるぜーと思って行ったら金髪でした。素晴らしいメンバー、素晴らしいオリジナル、、

もっと沢山音楽を聴きたい。


私が歌ってるのはポップスですが、ジャズを聴いた時に感じる問答無用なワクワクを自分のオリジナルの中に組み込みたいと思ってます。

それはジャズにとっても憧れがあるからです。

昨夜のピアニストはだいすきなピアニスト片倉真由子さん。大好き、というより尊敬。。ファン。。格好いいんだ。そして可愛い方なんです。この方のピアノは私の語彙力じゃ絶対伝わらないから聴きに行くことをオススメします。

まゆこさんは会うといつも「かわいー」って言ってくれる。それが毎回くすぐったい。

トロンボーンは駒野逸見さん、ベースはパット・グリンさん。 

駒野さんの音はとても女性らしいなと感じました。柔らかなピンク色。

パットさんは青。拓児さんは緑。まゆこさんとあきらくんは赤。


拓児さんのオリジナルは心広々聴けるあったかい雰囲気です。ポピュラリティーも少し交えているからとても楽しいです。

スタンダードは私も好きな曲Skylark,Stella by starlight,bye bye black bird..Skylarkの歌詞好きなんだなぁStellaも歌詞好きなんだなぁ。

ジャズスタンダードの歌詞を見ると、こんなに完成されたものを先人が作った上に誰がオリジナルかけますかーっていつも思っちゃう。

星の煌めきとか、空飛ぶツバメとかに想いを馳せていつの時代も人は歌いたくなるんだね。

ファンタジー(書いた本人にとってはファンタジーではない)な歌詞を聞くと想いを馳せて歌うことが、ずっと前から起こっていたことでそれがとても自然なことなんだと勇気ももらえます。


拓児さんの音を初めて聴いたのは横浜。3年半前。

大きなアイデアの区切りでなく、一つ一つから瞬間的にインスピレーションが湧いているような拓児さんのソロに感銘を受け、その時に一緒に出来たら..という思いが芽生えました。

それからウンヌンカンヌンあって、9月に初共演!リハの段階でズガーーーン!最高!!

(世の中にはたくさんの素晴らしいミュージシャンがいて、わたしはライブが好きでインストも大好きで、色んな最強ミュージシャンを知ってるんですけど、自分のオリジナルにすぱんっとハマる方に出会えた時にはこりゃ奇跡じゃ!と興奮するのです。地味に、王道ポップスとは違う感じの道を行きたいと思ってる私にとってその出会いはとても貴重で、見に行って大興奮したとしても結局一緒に演奏しないとなにが起こるか分からないというのが音楽の不思議)


そんな拓児さんとまた1/28に共演ができる!

楽しみで仕方ないです。




チケットお申し込みはこちら👉https://namihiraayuko.com/live-20180128_sp/


公演名:ナミヒラアユコ単独公演 ~峠にたつとき~ 

日時:2018年1月28日(日)

会場:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

会場HP:www.pleasure-pleasure.jp

開場/開演:16:30/17:30

自由席前売/当日:4500円/5000円

※入場時1drink600円必要

出演者:ナミヒラアユコ(Vo)/後藤充彦(Gt)/大谷愛(Pf)/小泉P克人(Ba)/福森康(Ds)/山田拓児(As)

GUEST&O.A:simizuEYE (Vo) w/kubota(Gt.from.JiLL-Decoy association)

GUEST Gt:池田拓真

主催・制作:SPIRIT ROOM

協力:morph-tokyo


2017年12月31日日曜日

ありがとう2017






ありがとう2017..........


沢山歌って、沢山の方と出会えた一年でした。自分が信じてることを真っ直ぐに信用して積み重ねていくことの大切さ、大変さを感じた年でした。


来年の一発目、2018.01.28 峠にたつとき-FINAL-at Mt.Rainier Hall 公演は気持ちの証明の日だと決めて向き合ってます。


世界観が全てだと、オリジナルを初めての書いた時に感じてから自分の世界が面白いものだと、届けるべきものだとそう信じています。


わたしの世界を深め、色をどんどん加え鮮やかにしてくださった全ての方に感謝です。

音楽でお返したいです。

2018年も宜しくお願い致します。






ナミヒラアユコ


2017年12月23日土曜日

SPIRITROOM 2017LAST!



12/18はお世話になってるイベントSPIRITROOMの今年最後の開催でした!
わたしはこの日simizuEYEさんのステージでゲストボーカルとして出演させて頂きました。



招き入れられる側。
久しぶりでとても緊張しましたが、EYEさんと目を合わせて歌うのはとても楽しめました。
simizuEYEさんのステージでは、JiLL-Decoy associationの<JDs>となるギタリストKubotaさんとドラマーTowadaさんと一緒に制作されてる曲をたっぷり聞くことができました。
あいさんのオリジナルを、アレンジされたものも。
どの曲も、素晴らしく、そしてどの曲も、ムズイ笑

それを丁寧に歌い上げてるあいさんを観ながら、この日もまた私はあいさんの歌を聞いてドキドキしていたのでした。
好きな曲がいっぱいあるなぁ。
来年には、それを形にするかもという話もライブで話されててウオーそれは楽しみだあ。とみんなとウキウキしました。

ピアニスト成田祐一さんとは今年初めてご一緒してから今回で3度目。
わたしの好きなツボをすでに把握してくれてて、Round Roundのときにはしてやったりな感じで にやけさせてくださいました。笑
Kubotaさんのソロにも痺れた..。
クラシックギターで、あんなにもおとのつぶのはっき





自分のオリジナルを誰かに好きって言われると、愛の告白されたような気持ちになります。

あいさんが私をステージに上げてくれてから、ジャズスタンダードのOrange Colored Sky、そして私のオリジナルの中でもあいさんが気に入ってくれてるRound Roundをお届けしました。

Orange Colored Skyは、コラボ曲何がいいかな?って話していた中でアイさんに1番似合うなって思った曲。
オレンジがイメージカラーだから(^^)

Round Roundはあいさんにこれが好きっていってもらえて選ばれました(^^)

1/28 の峠にたつときFINALでは、simizuEYEさん、そしてJiLL-Decoy associationのギターKubotaさんにゲストとして出演していただきます。
お二人のステージ、そして、コラボも是非楽しみにしててください(^^)



一緒に演奏した成田祐一さん、simizuEYEさん、Kubotaさんと!

2017年12月19日火曜日

SPIRITROOM大忘年会!



12/17は大変お世話になってるイベントSPIRITROOMの大忘年会でした!!

SPIRITROOMに出演したことのあるアーティストたちが集結!
ASIAN TAWANさんの美味しいお料理を食べながら、ワイワイと(^^)

と、その前に

SPIRITROOM主催でありこのイベントを15年続けている菅井さんが、実は数日前までカンボジア自転車旅をしていたということがあり(菅井さんは私のマネジメントもしてくれてて自転車旅が趣味。趣味を超えてプロ。)
その旅の報告会から始まりました。

カンボジアの歴史や、今どんな国なのか、というのが聞けて、普段マイクを握らない菅井さんの饒舌っぷりが大いに発揮されてました。
しゃべり上手い。。

そのごは!
なんと、贅沢にも。
来ていた出演者皆さん一人一曲ずつ披露!
という大変濃厚な時間でした。

一人一曲ずつ!って、なかなかない!

そして、その一人の一曲がひとつひとつパワーがあってほんとなんか、シンガーソングライターってすごいなって純粋に感動しました。

お酒も皆さんと飲めて、良き夜(^^)




ありがとうございました!

おまけ


むっちゃかわいい。
Hさんのカメラを手にはしゃぐメグさん。




おまけ②

アジアンタワンさんでの大忘年会、終える直後にタイ出身スーパーウェイターアットくんに「シャシントロッ!」って撮ったんだけどなんで私だけツーショット?嬉しかったからいいけど、、。

そこですかさず登場する菅井氏。
ニヤニヤしながら
菅井氏「アットくんアットくん!この子、アユコってんだけもやっぱタイの人に似てる?」

私((やっぱってなによ))

アットくん「ハンブンハンブンネ」
菅井氏  爆笑
私(((((ハンブンハンブン!!!)))))))





まあ嬉しかったからいいけど。